QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9 4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け 4:3 タイプ 投影 プレゼン 教室 会議 ホームシアター 信憑 教具 10368円 QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター プレゼン 投影 会議 教室 教具(120インチ(4:3)) 家電&カメラ テレビ・レコーダー スクリーン QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9 4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け 4:3 タイプ 投影 プレゼン 教室 会議 ホームシアター 信憑 教具 家電&カメラ , テレビ・レコーダー , スクリーン,会議,QSKL,ホームシアター,120インチ,タイプ,10368円,教具(120インチ(4:3)),プレゼン,壁に掛け,/caphite673186.html,プロジェクタースクリーン,投影,吊り下げ,16:9/4:3,携帯式,bambu-kat.co.uk,教室 10368円 QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター プレゼン 投影 会議 教室 教具(120インチ(4:3)) 家電&カメラ テレビ・レコーダー スクリーン 家電&カメラ , テレビ・レコーダー , スクリーン,会議,QSKL,ホームシアター,120インチ,タイプ,10368円,教具(120インチ(4:3)),プレゼン,壁に掛け,/caphite673186.html,プロジェクタースクリーン,投影,吊り下げ,16:9/4:3,携帯式,bambu-kat.co.uk,教室

QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9 4:3 迅速な対応で商品をお届け致します 携帯式 吊り下げ 壁に掛け 4:3 タイプ 投影 プレゼン 教室 会議 ホームシアター 信憑 教具

QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター プレゼン 投影 会議 教室 教具(120インチ(4:3))

10368円

QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター プレゼン 投影 会議 教室 教具(120インチ(4:3))


商品の説明

  • QSKL
  • 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3
  • 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター
  • プレゼント 投影 会議 教室 教具
  • 120インチ(4:3):縦2.44*横1.82m 120インチ(16:9):縦2.65*横1.49m

長押に穴をあけることなくすっきり設置できます。

  • スクリーンはPVC素材で作られます。耐久性が高くて、長時間使えでも非黄変、平面性を保ちます。
  • 色の再現性が高く、自然景色などを美しくて鮮やかに表示できます。
  • 使わない時も折りたたんで場所をとらず収納できます。

  • 工事が必要なく、フック付きなので簡単にインストールでき、
  • プレゼン・会議、学校・学習塾の授業、ホームシアターなど様々なシーンで使える。

  • 面サイズ:
  • 120インチ(4:3):縦2.44*横1.82m
  • 120インチ(16:9):縦2.65*横1.49m

対角線サイズ:120インチ

野角:160度

質:アルミ合金、PVC、繊維

味重量:5.2kg

タイプ:吊り下げ式

意点:スクリーンを引き出す時、収納する時はゆっくり操作してください

QSKL 120インチ プロジェクタースクリーン 16:9/4:3 携帯式 吊り下げ 壁に掛け タイプ ホームシアター プレゼン 投影 会議 教室 教具(120インチ(4:3))

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。